HOME階層下がるマンツーマン英語コース(インド人の特徴)

マンツーマン英語コース

マンハッタンの画像

 

  • 他社グループレッスンの金額でマンツーマンレッスンが受講できる!
  • レッスン料金 札幌2,314円(税抜) 横浜、名古屋、大阪2,778円(税抜)
  • 初期費用が大手の3分の1の料金
  • 充実の60分マンツーマンレッスン!
  • 経験豊富な講師陣
  • ローン不要の料金体系
インド人の特徴について

インドに住む様々な国民は約80%のヒンズー教徒、12%のイスラム教徒、そして8%のその他の民族グループのメンバーで構成されています。ヒンズー教徒の中でしばしば引き合いに出されるカースト制度は、ビジネスでの影響は大きくありません。

インドのビジネス文化は多様で、宗教の違いが重要になる場合があります。例えば、南部のインドの会社、特にバンガロールとハイデラバード周辺に構える会社は、進歩主義的でより外交的な北部のインド人よりも慎重で保守主義的です。

ビジネススタイルに影響を与える別の要因は、政府・各省庁や伝統的な製造部門勤務者か、またはより柔軟で動きの早い技術部門やサービス部門勤務者かという点です。

バンガロール、ハイデラバード、ムンバイ、ニューデリー、カルカッタなどの商業中心地の外では、インドのビジネスパーソンや役人は、他の文化に限定的にしか触れていません。ここでビジネスを交渉する時には、人々が自分たちのやり方で交渉が進むことを期待していることを理解しておきましょう。

インド人の人間関係

インド人の大部分は、自分たちの国の発展、成果及び力強さに誇りを持っています。取引相手はあなたがこれを認め、尊敬してくれることを望む傾向があります。

インドの文化は他のアジア諸国と同様に、一般的にグループ志向です。グループへの帰属意識を持つこと、グループの規範に従うこと、メンバー間の調和を保つことが大事です。個々人の好みを主張することは重要ではないと見なされる可能性があります。そのため、長期的な信頼のおける個人的な関係を築くことが重要です。しかし、他のアジア諸国ほど重要というわけではありません。

インド人の中には、インターネットベースのビジネス上で関係構築のプロセスがまだ継続中にもかかわらず新しいビジネスに入ろうとする人もいます。しかし、ほとんどのインド人は取引を結ぶ前に強い関係を築くことを期待する傾向があります。

一般的に、真面目なビジネスの議論に進む前に取引相手があなたのことを知り、あなたと一緒にいることを心地よいと思うようになる時間を取ることが有益です。あなたの友人や家族について話すことは、交渉プロセスに関わる人々と関係を築く上で重要です。

インドの会社の多くはまだ家族経営(ファミリービジネス)です。いずれにしても、あなたの現地パートナーは、あなたが何年もビジネス上の関係にコミットすることを期待する傾向があります。

関係は相互の信頼と尊敬に基づいており、築き上げるのに時間がかかる場合があります。インドでのビジネス関係は、個人と会社の両方のレベルで存在しています。インド人は、自分が好きで、信頼している人とだけビジネスをすることを望みます。

交渉の途中であなたの会社が担当者を変える場合、簡単に引き継ぎができる傾向があります。同様に、あなたの会社に新しい担当者を入れる場合、関係を育むための時間とエネルギーをかけることなく、信頼できるビジネスパートナーとしてすぐに受け入れてもらえます。

インド人のコミュニケーション

インドの公用語は「英語」です。多くのビジネスパーソンのほとんどが流暢に英語を話します。しかし、場合によっては通訳者を同席させた方が良いこともあります。

東アジアほどではありませんが、面子を保つことはインド人にとって重要です。他人に尊敬を示すことは必要不可欠です。他人を当惑されることは、関係する全員の面子を失わせることになり、交渉に悪影響をもたらす可能性があります。

常に感情を抑え、フレンドリーさを保つことが一番です。インド人と不愉快な話題について話さなければならない時は、決して他人の前ではせずに他人に尊敬を示す形であなたの考えを伝えることです。

一般的に、インド人はとてもフレンドリーで礼儀正しい特徴があります。敬意をもって扱い、心から好きな人と仕事をすることを好むので、あなた自身の振る舞いを示すことが重要になります。

ただし、これらの要素がビジネスの目的達成のための決定に影響を与えることはなく、取引相手は忍耐強く、粘り強く、自分たちの目的を追求します。彼らと同じことをすることが最善です。

さて、皆さんは英語に興味が持てたでしょうか?

インド人と上手く付き合い、旅行を満喫する、ビジネスなどで成功する、恋人になる、パートナーを組む、留学なやホームステイなどでコミュニケーションをとる、など、人によって活用は違うと思います。

しかし、共通しているのはお互いを理解し、尊重し、理解し合うことではないでしょうか。そのためには、お互いの背景をあらかじめ知った上で、双方で対話することが必要です。

英語の特徴や学ぶ目的について>

 

英語圏の人々の特徴

アメリカ人との会話方法とビジネス交渉術
カナダ人との会話方法とビジネス交渉術
イギリス人との会話方法とビジネス交渉術
香港人の特徴
シンガポール人の特徴

最寄の教室を探す方はこちら

料金を確認する方はこちら

無料体験レッスンを申し込む方はこちら

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.