HOME階層下がる世界中のメディアが報道した中国の10月ニュース要約

世界中のメディアが報道した中国の10月ニュース要約

トランプ政権が世界銀行による資本増強に対してその前に同行の中国など中所得国に対する融資額を見直すよう要請しています。世界銀行が年次総会で資本増強のスケジュールを既存株主に承諾させるために動いています。

世界銀行はその原点では欧米諸国だけではなく、世界に散らばっている華僑・客家集団がコミットしてつくられている機関であるということです。最大の貸出先である中国が世界銀行に対し資本注入を図る可能性があったようです。

アメリカが世界銀行内で中国のプレゼンスが増すことを嫌がる演出であることで、中国がどのような反攻を行うか注視すべきです。アメリカがアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参画するために敢えて対立を演出している可能性があります。

仮想通貨ブームにより新たな形態のヘッジファンドが起きています。仮想通貨を投資対象に絞ったヘッジファンドが登場しており、それが2017年に入って仮想通貨市場が高騰している原因です。

中国がこの動きに対し仮想通貨に対する規制を強化する暗示をしています。特に、ビットコインが再分裂する可能性があり、ビットコインを中心とする仮想通貨市場が暴落するかどうかを注視すべきです。

日本銀行が銀行セクターにおける収益性の悪さを指摘しています。この10年間で企業数が減少しているにも拘わらず、地銀を中心として人員及び店舗数が過大で加えて手数料ビジネスの一部を優遇のために無料提供しているために収益力が低いわけです。

少子高齢化が来る2035年まで続くことが明らかでさらに太陽活動の異変を通じてデフレ化が長期的に進行する中、銀行セクターの改革はごく一部を除き遅々として進んでいません。

2019年春頃を目途に急激に生じる危険性がある日本のデフォルト(国家債務不履行)処理に際して、銀行セクターの一斉淘汰が起きるのは不可避です。対策として仮想通貨の導入が推進されるものの、バブル拡大を惹起し、デフォルト(国家債務不履行)を誘発します。

仮想通貨ビットコインを巡り大きな動きが起きています。特に中国での動きが顕著です。これまでの中国の動きは、今年2017年8月、国際通貨基金(IMF)が中国の債務総額が許容範囲を超えているとして警告しています。

また、退任した周小川・中国人民銀行総裁が中国の負債総額が過剰であると警告しています。こうした中、今回仮想通貨ブームに対する中国当局による懸念を表明しています。しかし、日本人の大多数が付いていくことができていません。

 

世界中のメディアが報道した中国のニュース要約

2017年11月 >  2017年12月 >・・・  最新 >

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.