HOME階層下がる世界中のメディアが報道した中国の11月ニュース要約

世界中のメディアが報道した中国の11月ニュース要約

中国とインドが衛星打ち上げ事業で新たに競争を演出しています。インド宇宙研究機関(ISRO)が現在の打ち上げコストの10分の1を削減するために活動中と発表した直後に、中国航天科技集団公司が同社も低コストで低軌道ロケットを打ち上げできるよう努めていると言及し、インドに応酬しました。

中国とインドがその地理的な近さから軍事衝突も含めた競争を演出してきた経緯があります。衛星打ち上げ技術がミサイル技術にも転用できることから。中印が国境地帯での対立を演出して以来となる新たな対立を演出しています。

中国当局は無料通話サービスのスカイプの利用を新たに禁止しました。中国のアップル・ストアのサービスのダウンロードが不可能になったもので、こうした動きはグーグルやフェイスブック、ツイッターに続くものとなっています。

北京政府が2016年より特にメディア業界を中心に積極的に外資勢の誘致を行ってきました。このような中、スカイプが禁止されたことで外資系IT企業はコンテンツを全て中国国内にあるサーバーに保存せざるを得なくなりました。

中国が新たに言論制限をするためにこうした動向を見せている可能性があり、中国発の類似サービスがスカイプを代替するためのそのシェアを増す可能性に注目すべきです。

シンガポールが中国に対して一帯一路政策の関連で貢献すると意向をより鮮明にしています。イノベーションという強みを生かした貢献をしていくと発表しました。今後、中国を巡る状況変動に注目すべきです。

シンガポールが北朝鮮との関係を遮断し始める一方、中国に対しては擦り寄っていることが分かります。今後、東アジアの大転換の中で、中国本土が土地争奪戦のような状況に再び陥る可能性があります。

1966年に起きた文化大革命によって追い出された客家集団の一つで1959年にシンガポールを建国した李家がこうした騒乱の中でより広い意味での華僑ネットワーク全体との関係でその失地を取り戻すことになるのかに注目すべきです。

 

世界中のメディアが報道した中国のニュース要約

< 2017年10月  2017年12月 >・・・  最新 >

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.