HOME階層下がる世界中のメディアが報道した中国の2018年2月ニュース要約

世界中のメディアが報道した中国の2018年2月ニュース要約

アメリカが香港の国際的な麻薬カルテルや人権侵害に関連した2つの企業に対して制裁を課すと報道されています。すでに香港が租税回避地(タックス・ヘイブン)としてアメリカと同規模の資産運用額を有していると公表されています。

香港が中国本土との金融市場提携を推進する中、アメリカは香港への圧力行使によってより直接的に中国へダメージを与えることが可能になっていることに注目すべきです。

アメリカがトランプ政権による法人税減税により租税回避地(タックス・ヘイブン)としての地位を上げつつあり、そうした施策の一環として香港への圧力行使を行っている可能性があります。

中国が世界で初めて電磁気兵器を対外公表しました。アメリカがレールガン兵器の研究を長年続けてきた中、中国がその完成品と考えられる兵器を備えた軍艦の写真を公表しています。

電磁気兵器が戦艦を破壊できるだけの威力があるということで、衛星を狙うことが可能な程度に精度が高いと報道されています。同様の技術を用いた兵器が中国の空母にすでに搭載されています。

軍事兵器の誇示を通じて、グローバル規模での中国への警戒感を増大させ、ボラティリティーを演出していることで、衛星を狙うことが可能な精度を持つ以上、今後到来が予測されている隕石ないし衛星に対する攻撃兵器としても転用できる可能性があります。

中国が廃棄されたプラスチック製品の輸入を停止したことを受け、欧米諸国では習慣を改めるべきと言及しています。東南アジアのプラスチック利用が争点であるものの、中国のリサイクル推進は欧米諸国でのリスクよりも影響が少ない報道されています。

イギリスのエリザベス女王もバッキンガム宮殿でストローなどのプラスチック製品の利用を禁止すると決定しました。中国が環境保全活動をグローバル規模で推進する一方、寒冷化に伴うデフレ経済化へのグローバル経済の移行への対応策として、現在の消費社会からの転換が同じタイミングで進展しています。

欧米諸国や日本が中心になり、プラスチック製品利用の自粛がさらに推進される可能性があり、これまでの大量消費社会からの転換に注目すべきです。

中国の万華化学社がアメリカの各選挙に資金提供をしていたとして中国に対する批判が高まっています。2012年、2014年、そして2016年のアメリカ連邦議会選挙、大統領選挙に資金提供をしていたものの、内国歳入庁に報告していたのみであったために批判を受けていると報道されています。

アメリカで2016年の大統領選を巡り、民主党がロシアを批判してきた中、中国も批判に晒され始めています。さらに中国がそれ以前の連邦議会選にも資金提供していたとも報道されています。

中国の万華化学社がアメリカ化学工業協会(ACC)への加盟に際するロビー活動として資金提供を行ったとされており、ACCにはBASFやダウ・ケミカル社といった大手企業も参画しています。

 

世界中のメディアが報道した中国のニュース要約

・・・  < 2018年1月  2018年3月 >  ・・・    最新 >

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.