HOME階層下がる世界中のメディアが報道したEU(欧州連合関連)の2018年1月ニュース要約

世界中のメディアが報道したEU(欧州連合関連)の
2018年1月ニュース要約

パリ近郊でユダヤ食品専門スーパーマーケットが放火されたと報道されています。この数日前にもユダヤ食品専門スーパーマーケットが嫌がらせを受ける事件が発生しています。

2015年に4名の死者を出したユダヤ食品店人質事件が起きたのと同日にパリ近郊のクレテイユで放火事件が起きました。欧州では伝統的に経済的な矛盾が起きると最終的にはユダヤ人に責任を押し付け乗り越えてきた長い歴史があります。

現在においてもなおこの傾向は変わっていないことを認識すべきですが、フランスでは継続反復的に反ユダヤ主義の暴力事件が起きています。欧州全体で反ユダヤ主義の暴力行為が多発しています。

アシュケナージ系ユダヤ人を国際社会が再びディアスポラ(離散)に追い込んだ際に、今度は彼らをどこへ追いやるのかというグローバル・アジェンダが進展しつつあることに注目すべきです。

欧州で2030年までに自動車の数が4分の1程度減少すると報道されています。カー・シェアリングを含む新たな自動車使用法の発展により、自動車数は2030年までに現在の4分の3程度になると、PwCが発表しました。

自動車利用の内訳が2030年までに距離換算で3分の1以上をカー・シェアリングが占め、その内4割は自動運転、また半分以上が電気自動車(EV)となると予測されています。

一方、全体的な自動車数は減少するものの自動車登録ペースが3分の2以上も増加すると見込まれています。カー・シェアリングなどで消耗が激しく買替え需要が増加する見込みとの説明しています。

自動運転・EVといったハイテク化が自動車の寿命に大きな影響を及ぼす可能性を示唆していものと考えられますが、今後、電気自動車を巡る事故が世界的に演出される一因ともなりかねないことに注目すべきです。

欧州連合(EU)がベネズエラの高級官僚7名に対して制裁を課すと報道されています。モレノ司法大臣を含め7名に対して課すというものです。

ベネズエラのマデュロ大統領が経済の建て直しを図るために独自の仮想通貨ペトロの普及を進めていたものの、憲法違反であるとして議会から反発を受けています。また、ベネズエラに経済制裁を課しているアメリカが原油生産高の減少について言及しています。

欧米諸国がベネズエラに対して攻撃を仕掛けている点を踏まえつつ、ベネズエラの原油生産高の減少が世界的な原油市場に与えるインパクトに注目すべきです。

欧州連合(EU)が中国による企業買収に対する制限をかけるために法案を提出したと報道されています。ドイツのマハニッヒ連邦経済エネルギー省事務次官が公表しています。

中国がドイツのクーカ社を買収したことに対し、ドイツ政府が懸念を持っていることがわかります。法案にはフランスやイタリアも協力していて、欧州諸国が着実に中国に対する攻勢を見せています。

中国が今後、エネルギー分野のテクノロジー開発において、どのような反撃を欧州諸国に見せていくのか、欧州諸国と中国の競争に注目すべきです。

 

世界中のメディアが報道したEU(欧州連合関連)のニュース要約

< 2017年10月  < 2017年11月  < 2017年12月

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.