HOME階層下がる世界中のメディアが報道したフランスの2018年6月ニュース要約

世界中のメディアが報道したフランスの2018年6月ニュース要約

フランスのルメール経済財務大臣が民営化プログラムの詳細を発表したと報道されています。パリ空港公団(ADP)やフランス宝くじ公社(FDJ)、そしてエンジーといった複数の巨大国営企業を民営化の対象としています。

フランスが伝統的に国家を中心に据えた企業経営を行ってきたことから、欧州連合(EU)でも重債務国であるフランスが債務負担の軽減のために民営化に努める中、民営化がフランスの株式市場をバブルへ誘導するという意味合いを持つものと考えられます。

フランスの民営化プログラムが当時のミッテラン政権以来の大改革となるため、マクロン政権に大きな影響力を持つ欧州国際金融資本がフランス株式市場の官製バブルとその後の暴落を通じてボラティリティーを演出していることに注意が必要です。

台湾の当局がフランスの投資銀行企業による台湾ドル建てグリーン・ボンドの発行を承認したと報道されています。台湾ドル建てのグリーン・ボンド発行は史上初であり、発行額は156億台湾ドルに上ります。

フランスがグリーン・ボンドの債権市場として世界的にも有数の地位を誇る中、中国による債権発行にも深く関与しています。債権発行が台湾で初めて許可された台湾ドル建ての債権であることに注目すべきです。

フランスの投資銀行を筆頭に欧州国際資本が中国本土のみならず台湾へのコミットメントをも増大させていることで、グリーン・ボンド市場の地位向上と拡大にも注目すべきです。

フランスのマクロン大統領がローマ法王フランシスコとバチカンで会談したと報道されています。欧州全域にわたる移民問題や中東情勢、そして欧州統合の将来について議論されました。

マクロン大統領がローマ法王との面談で教会と国家の関係の修復に対する熱意を述べています。これまでフランスはフランス革命以来、ライシテと呼ばれる宗教と国家の分離をフランス型民主主義の一側面として厳格に遂行してきました。

フランスが民主主義形態を壊し始めた可能性があり、国内で暴動が発生するかどうか、そして反カトリックでプロテスタントの影響が強いドイツなどがどのような反応を示すのかにも注目すべきです。

 

世界中のメディアが報道したフランスのニュース要約

・・・  < 2018年2月  < 2018年3月  < 2018年4月  < 2018年5月

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.