HOME階層下がる世界中のメディアが報道したドイツの2018年3月ニュース要約

世界中のメディアが報道したドイツの2018年3月ニュース要約

オーストリアのクルツ首相がロシアのプーチン大統領と面談したと報道されています。両国が経済関係の強化を称賛したということで、結び付きがウクライナ問題に与え得る影響に注目すべきです。

オーストリアが天然ガス・パイプラインのノード・ストリーム2や鉄道網の敷設でロシアとの関係性を深めています。欧州連合(EU)がウクライナを自らに取り込むことを一つの目標としてきた中、オーストリアが歴史的に西欧と東欧の中継点として歴史的に外交関係を構築してきました。

オーストリアがロシアとの関係強化を模索している点を踏まえつつ、欧州連合(EU)とロシアでの争点となっているウクライナ問題にオーストリアがロシアに協力姿勢を見せることになるのかに注目すべきです。

そしてドイツでは、3月19日から20日にアルゼンチンで開かれるG20首脳サミットで、仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針であることが明らかになっています。フランスのルメール経済・財務相は、「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」とパリの共同記者会見で発言しました。

世界的な投資家ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイがドイツのベルリンにある不動産業者とフランチャイズ契約を結び、不動産に資金投入を始めると報道されています。

バークシャー・ハザウェイが116億ドルの余剰資金を抱えていると2月末に報道されました。また、ドイツの不動産価格が上昇し続けていることで、ドイツ当局がこの不動産バブルをどのように対処するのかに注目すべきです。

仮想通貨取引における身分照会がますます広がりつつありマネーロンダリングへの利用などを防ぐために取引業者による個人登録の義務化がグローバル規模でますます広がっていると報道されています。

ドイツやフランスのみならずスイス当局もますます規制を強化しています。個人登録が浸透していくことで、これまでとは正反対に安全な商品として仮想通貨が宣伝されていくことに繋がる可能性があります。

ドイツがサーバーセンターの所在について、所在地の一つとしてフランクフルトが存在すると公表し始めました。サイバーテロを通じた混乱の演出が行われる可能性があります。

欧米諸国の大手インターネット事業体であれば、最高機密であるサーバーセンターの所在を明かすことは通常はありませんが、ドイツ政府がロシアによるサイバーテロ被害を当初は何の言及もしなかったにもかかわらず、主張し出しています。

ドイツが自作自演によるサイバー攻撃を演出し、ボラティリティーを創出するためにこうした公表を行っており、この動きがインダストリー4.0からの離脱を加速させるためのものである可能性もあります。

フランスの大手銀行ソシエテ・ジェネラルがドイツの大手銀行コメルツバンクの株式司法と商品(コモディティー)部門買収に当たり、独占交渉を開始すると報道されています。同じく買収を企図するゴールドマン・サックスよりも高価格を提示しています。

これまでドイツ当局がコメルツバンクの買収に対して2017年、拒否の姿勢を貫いてきました。フランスの大企業は競合との差別化として複雑なデリバティブ取引に注力してきています。

欧州系の銀行がイギリスのEU離脱後にパリに拠点を定める中、フランスが差別化を企図しているものと考えられます。一方、メルケル首相とマクロン大統領が欧州連合(EU)改革プランの協同提出を中止するなど、見解の相違が起き始めています。

ドイツの大手銀行買収の成否もフランスのドイツに対する反感を演出するためのツールとして用いられる可能性があり、ドイツとフランスの動きに注目すべきです。

再びドイツ銀行の収益水準が悪化し、さらに株価が下落する危険性があると報道されています。元々の収益水準の悪化に加え、ビジネスを展開している主要地域の売り上げ水準の下落により、収益が悪化する危険性があります。

これまでドイツ銀行が中国による資金注入を受けてきましたが、ドイツが中国による一帯一路政策に対して失敗の可能性についても喧伝し始めています。ドイツ銀行の危機を演出することで中国に対する攻勢をかけている可能性があります。

中国がどのような反撃を見せるのかですが、ドイツ銀行がドイツ最大の銀行であることから、ドイツ国内のボラティリティー増大も目的の1つである可能性がある一方、今後、大量の簿外資産の注入先が中国であることから、そこで最も利益を得ることになるのがドイツ銀行になります。

 

世界中のメディアが報道したドイツのニュース要約

< 2017年10月  < 2017年11月  < 2017年1  < 2018年1月  < 2018年2月

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.