HOME階層下がる世界中のメディアが報道したイタリアの2018年3月ニュース要約

世界中のメディアが報道したイタリアの2018年3月ニュース要約

バチカンが史上初のハッカソンというイベントを開催したと報道されています。カトリック教会では対面での対話や移民問題、布教問題をテクノロジーによって解決するためにイベントを開催しています。

アメリカのピュー・リサーチ・センターがイスラム教の人口が増加する一方、カトリック教会はアメリカ大陸を除いてその信者数に陰りが見られるとの報告書を公表しています。

デフレ経済化への対応も相まってバチカンがテクノロジーに対する支援を拡大させているものと考えられますが、司教の高齢化が進む中、信者の獲得に際してテクノロジーの導入が有効に働くのかどうかに注目すべきです。

バチカンが中国と司教選定問題について合意に至ったと報道されています。具体的には、中国のカトリックは中国政府当局による圧力を懸念しています。新たなグローバルマクロのルート構築に注目すべきです。

バチカンが3月中に中国と司教問題を巡る会合を持ち交渉妥結するとリークしてきた一方、これまで中国もそれに対して前向きな姿勢を示してきました。中国が環境保全技術の導入に向けて動いています。

シティー・オブ・ロンドンも中国の環境保全技術の導入に対するマネー供与を開始しつつあり、バチカンが中国へのマネー注入が開始し、新しい国際的な資金循環のルート構築の推移を注目すべきです。

 

世界中のメディアが報道したイタリアのニュース要約

< 2017年10月  < 2018年1月

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.