HOME階層下がる世界中のメディアが報道したイタリアの2018年6月ニュース要約

世界中のメディアが報道したイタリアの2018年6月ニュース要約

ルーマニアとリトアニアが、欧州人権裁判所から批判されていると報道されています。国内にアメリカ中央情報局(CIA)の収容所があることがその批判理由とされています。

2004年のブッシュ政権がキューバにあるグアンタナモ収容所での非人道的行為に対し、国内で激しい批判を受けてきました。トランプ現政権が欧州(EU)への関税適用例外措置を撤廃したことがルーマニアとリトアニアへの批判理由である可能性があります。

アメリカとヨーロッパが経済面以外でも競争を激化させることでボラティリティーを演出しているため、こうした競争を理由にイタリアを筆頭としたスペイン、ポルトガルなどで国家債務不履行(デフォルト)起きた場合でもアメリカが欧州(EU)を支援しない可能性があります。

ドイツのメルケル首相が欧州連合(EU)のための歳出と欧州通貨基金(EMF)について言及したと報道されています。マクロン大統領が昨年に実施されたドイツの連邦議会選挙以来、ドイツによるEUに対する支援増大を要求してきました。

イタリアの政治リスクの高まりを筆頭にスペインやポルトガルなどで混乱が起きる中、欧州連合(EU)の安定を演出するためにドイツのメルケル首相がこうした姿勢を公表しているものと考えられます。

ドイツの株式市場が9月に下落する可能性があり、ドイツの混乱によりメルケル首相が最終的にユーロ2.0に匹敵する斬新な戦略への転換を打ち出す可能性があることに注目すべきです。

イタリアでは、6月1日に反主流派政党の五つ星運動と同盟によるユーロ懐疑派連立政権が誕生したと報道されました。イタリアが、いよいよEU離脱へ動き出すのではないかとの懸念から、一時、同時株安を招いたものの、イタリア国債は予想に反して買い戻されています。

イタリアのマッタレッラ大統領は、EU離脱を目指す反ユーロ勢力の台頭は必至と連立政権樹立の阻止に動いたものの、逆に反EU連立政権の票を伸ばす結果となりました。

イタリアの政治が重大な危機に瀕している現状に変わりはなく、イタリアの債券市場はすでに崩壊の過程に入っており、さらに国債の信用格付けのランクダウンが現実味を帯びてきているためにユーロ崩壊は不可避と考えられます。

EU危機の再燃が懸念される欧州が、資金の避難先である米国債に買い手の目を向けさせる結果となっており、今回もイタリアの政変劇のきっかけからEU崩壊の可能性が浮上してきました。時間の問題と捉えるべき段階に入ったとことに注意が必要です。

イタリアでは、6月1日に反主流派政党の五つ星運動と同盟によるユーロ懐疑派連立政権が誕生したと報道されました。イタリアが、いよいよEU(欧州連合)離脱へ動き出すのではないかとの懸念から、一時、同時株安を招いたものの、イタリア国債は予想に反して買い戻されています。

イタリアのマッタレッラ大統領は、EU(欧州連合)離脱を目指す反ユーロ勢力の台頭は必至と連立政権樹立の阻止に動いたものの、逆に反EU連立政権の票を伸ばす結果となりました。

イタリアの政治が重大な危機に瀕している現状に変わりはなく、イタリアの債券市場はすでに崩壊の過程に入っており、さらに国債の信用格付けのランクダウンが現実味を帯びてきているためにユーロ崩壊は不可避と考えられます。

EU(欧州連合)危機の再燃が懸念される欧州が、資金の避難先である米国債に買い手の目を向けさせる結果となっており、今回もイタリアの政変からEU崩壊の可能性が浮上してきました。時間の問題と捉えるべき段階に入ったとことに注意が必要です。

EU(欧州連合)は現在、多くの国で大きな経済的・政治的問題を抱えていると報道されています。イタリアの新しい連立政権は、EUと通貨ユーロに徹底的に反対する政権であることに注目すべきです。

GDP(国民総生産)に対するイタリアの債務はすでに140%を超えており、イタリアの政情不安は金利の上昇をもたらし、増え続ける債務の返済はまもなく国家の歳入を上回ってしまうと考えられます。

今後、イタリアはデフォルト(国家債務不履行)に陥ることが確実となりましたが、そもそもイタリアの大手銀行は、2016年の段階ですでに破綻同然となっていました。国際通貨基金(IMF)はイタリアの大手銀行に対してベイルインの実行を迫っていることに注意が必要です。

デフォルト(国家債務不履行)はイタリアだけの問題ではなく、欧州にある全域の金融機関は深刻な問題を抱えており、その中でもドイツ銀行が抱えているデリバティブは、総額で7500兆円と見積もられています。これは、ドイツのGDPの約20倍に当たります。

リーマンブラザーズが破綻した時の損失額が約80兆円もあったことで、ドイツ銀行が破綻した場合は100倍近い大規模な金融災害になる可能性があります。EU(欧州連合)を支えている巨大金融機関がいよいよ2008年に起きたリーマンショックの数十倍もの金融危機が起こる可能性があります。

イタリアは今後数年以内に崩壊する多くの国々の一つに過ぎなく、スペイン議会は、ラホイ首相に対する不信任案を可決し退陣に追い込んだと報道されています。ギリシャの債務問題は、まったく解決されておらず、ギリシャの金融機関は実質的に破産状態にあります。

その他にもポルトガルやフランス、アイルランド、イギリス、その他多くの欧州にある国々も同じように解決不可能な問題を抱え込みながら、画策されている金融メルトダウンを待ち続けていることに注意が必要です。

イタリアがカナダと欧州連合(EU)間のカナダEU包括的経済貿易協定(CETA)の批准を拒否する可能性を主張しています。イタリアのセンティナイオ新農業大臣が一部農作物に対する保護が不十分であるとして議会に協定の批准を控えるように要望する可能性について発言しました。

これまでカナダは、北米から南米、そして欧州連合(EU)間の貿易のハブとしての地位を確立するために動いてきましたが、アメリカが北米自由貿易協定(NAFTA)を巡りカナダと問題を起こしてきた中、イタリアがカナダによる妥協を導くため、このタイミングでの破棄の可能性を示唆したものと考えられます。

カナダは今年のG7議長国として自由貿易への擁護を推進してきており、アメリカや欧州連合(EU)に対して妥協をするのかどうかに注目すべきです。

 

世界中のメディアが報道したイタリアのニュース要約

・・・  < 2018年3月  < 2018年4月  < 2018年5月

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.