HOME階層下がるAtlas多言語について階層下がる世界で使われている言語は7000!

Atlas多言語について 世界で使われている言語は7000!

世界で使われている言語は、7000ほどだと言われています。現在の国連加盟国数が200ヵ国ほどですから、単純に計算すると、一つの国で30以上の言語が話されていることになります。日本では、日本語を使うだけで、ほとんど何も支障なく日々の暮らしを続けていくことができますが、日本にいたからといって、外国語に接することはいくらでもあります。英語は学校でも小学校3年生から勉強しますし、標識、看板、放送など、英語で言われたり書かれたりする文章た単語に接しないで日常生活を送ることはできないといっていいくらいです。

さすがに、英語は世界共通語だといわれるだけのことはります。英語以外でも、レストランや洋服店、あるいはファッション雑誌などでは、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語を目にすることは稀ではありません。アジアの言語であれば、好況期のため多くの旅行客が日本に来ている中国人が話す中国語やドラマや映画で一つの分野を形成した感のある韓国語を町中やテレビ番組で聞くことはよくあります。

しかし、日本で接する外国語は、あくまでもこのように間接的な形で伝えられるもので、生身の人間が話す言語としての外国語に触れることはあまりありません。それは、外国語を使わなくても十分に満足な日常生活が送れるということでもあって、ある意味幸せなことでもあります。だからこそ、日本人の語学力がいつまでたっても伸びないのだと考えることもできるでしょう。

Atlas多言語サイトについて

「何ヶ国語も学習してもよいのでしょうか」と言う方に!

世界で使われている言語は7000!

Atlasのカウンセラーは複数言語を習得しているスタッフも在籍

言語を使うということはコミュニケーションの為だけではない

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.