HOME階層下がるAtlasのヨーロッパ的多言語学習のすすめ階層下がるAtlasのヨーロッパ的多言語学習のすすめ

Atlasのヨーロッパ的多言語学習のすすめ

今、ヨーロッパでは多言語学習を推進しています。すべてのヨーロッパ市民が義務教育の段階で母国語+2言語をマスターすることを目標に、言語学習プログラムを展開しています。たくさんの言語や文化を持つヨーロッパの統合には、言語の違いをどのように乗り越えるかが重要な課題になっているようです。その一方で、急速にグローバル化する現代において、自らの言語や文化を守ることがもう一つの課題になっています。この2つの課題に対するヨーロッパの答えがヨーロッパ市民の3言語化(トリリンガル教育)です。

もちろん日本に住んでいる私たちの状況は、ヨーロッパの状況とは違いますが、共通点もあります。それは、現在では、グローバル化が進み、話す言葉が違う人たちとのインターネット上などでの交流が可能になり、さらには、必要になってきました。

しかし、私たち日本人のコミュニケーション能力はこのグローバルな状況に対応できるのでしょうか?いくら飛行機などの交通手段やIT技術が発達しても、実際に交流するのはその個人と個人です。それを支える枠組を担っているのが言語で、Atlasでは日本全国でサポートしています。世界には多くの言語があり、その言語を話す人も自分の言葉を大切に思っているとしたら、言葉を学び、そこに多様な現実があることを知ろうとすることは、世界の人々と心を通わせるための最良の方法だと、Atlasでは考えています。

このような問題意識から、Atlasは設立された株式会社です。当スクールを通じて、ヨーロッパ言語のフランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、またアジアの言語である中国語、韓国語、さらに共通語である英語とその文化に触れてもらい、交流のツールとなる言葉を学習する方法を知っていただきたく考えています。

まずは、この8言語を選び、各言語の特徴を紹介し、その文化背景や文化交流について説明します。この8つの言語は、今の日本の大学やNHK、他の語学スクールでも学ぶことができますが、この言葉を活かす機会が増やせる特徴を持つ語学スクールこそ、マンツーマンレッスンに特化したAtlasしかありません。

英語については、ほとんどの人が一度は学んだ経験があるでしょうが、他の言語と比較しながら見直すことで、英語そのものや英語を話すことの意味もよりよく理解できるはずです。その他の言語については、はじめて触れる人も多いでしょうが。それぞれの言語の特徴を大まかに当スクールから学んでいただければと願っています。

webフォームから体験申込みをする方はこちら

TOPへ戻る

おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年

Copyright Atlas Corp. All Rights Reserved.